おひとりさまを快適に過ごすための情報サイト

おひとりさま Lab

ビジネス・経済 投資

仮想通貨を安全に保管するウォレットとは?

投稿日:

2018年1月26日に発生したコインチェックのXEM流出事件。この事件で話題になったのが、
コールドウォレットとホットウォレット。
コインチェックは当時、ネムはホットウォレットにありNEMのマルチシグコントラクトを使用していなかったため盗まれてしまいました。
これはNEMの脆弱性が問題ではなくコインチェックのセキュリティに問題があったという事です。

取引所はあくまでも仮想通貨を取引するところなので、”取引に必要な分のみを入れておく”のが基本になります。
取引以外の仮想通貨は自分のウォレットで管理してしっかり守りましょう。

仮想通貨を安全に管理できるウォレットとは?

ウォレットには大きく分けて5種類あります。

・WEBウォレット
・ソフトウェアウォレット
・モバイルウォレット
・ハードウェアウォレット
・ペーパーウォレット

それぞれにメリット・デメリットがあるので、特徴や違いをまとめました。

WEBウォレット

WEBウォレットは、オンライン上で仮想通貨を保管する方法になります。
オンラインの為、口座の開設や設定が簡単でどこからでもアクセスができるメリットがあります。
セキュリティについてはサイト管理者に一任することになる為、信用できるサイトであるかが重要になります。
また、第三者からサイトがハッキングや盗難にあってしまった場合、利用できなくなるリスクがあるので取引する分の仮想通貨を管理する程度にした方が安全です。

ソフトウェアウォレット

自分のコンピューターにソフトウェアをインストールしてローカル環境で管理するウォレットです。
手軽に使用でき、WEBウォレットよりもセキュリティ面でも優れているメリットがあります。
PCが故障してしまったり、オンラインで使用した場合はWEBウォレットと同様ハッキングやウィルス感染などで盗まれる可能性もあるので、バックアップやセキュリティ設定が必要になります。

モバイルウォレット

iPhoneやAndroid上のアプリのウォレットです。
QRコードが利用できたり、実店舗などで利用する際は非常に便利です。
WEBウォレットよりはセキュリティよりは安全と言われていますが、端末を紛失したり、オンラインで使用する場合もある為セキュリティ面からみると多額の仮想通貨を管理するのはお勧めできません。

ハードウェアウォレット

専用の端末に仮想通貨を保管する方法です。
基本的には長期保管する場合に利用され、オフラインで管理できるコールドウォレットとしてセキュリティ面で優れています。
PCやスマホに接続して使用できる利便性とバックアップを取っておくことで端末が故障した場合も仮想通貨を消失するリスクは低くなります。
端末の価格が高額だったり、故障することがリスクになります。

ペーパーウォレット

文字通り、アドレスと秘密鍵を印刷すて紙で管理するウォレットです。
長期保管の目的で使用され安全な管理方法の一つです。
ペーパーウォレットから引き出した場合、セキュリティ上同じペーパーウォレットは使用できません。
安全性が高い反面、紙や印字の劣化により鍵が読み取れなくなる、紛失するなどのリスクがあります。

お勧めのウォレットはこれ!


仮想通貨を管理するウォレットは、セキュリティと利便性を比較した結果、ハードウェアウォレットが一番お勧めです。
ハードウォレットの中でもお勧めは、
「TREZOR(トレザー)」、「Ledger Nano S(レジャーナノS)」がおすすめです!
仮想通貨を安全に管理して自分の資産をしっかり守りましょう。

-ビジネス・経済, 投資
-, , , ,

Copyright© おひとりさま Lab , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.